皮脂の過剰分泌によって起こる脂漏性脱毛症とその対策

かなり前のことですが、美容院で頭皮に赤みがあることを指摘されたことがきっかけで、ネットで調べて「脂漏性皮膚炎」のことは知っていました(自分の症状についてはそのまま放置)。

さて、今回は、数ある脱毛症の中でも、脂漏性脱毛症についてです。

脂漏性脱毛症は、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことで、細菌やダニなどが繁殖して炎症や化膿を起こして抜け毛になる脱毛症です。

皮脂の過剰分泌という点では、脂漏性皮膚炎に似ています。

そして、脂漏性皮膚炎が脱毛にまで発展したのが脂漏性脱毛症という感じです。

脂漏性脱毛症は、皮脂の分泌がとくに活発になる思春期や成長期の男性に起こりやすいと言われています。

食の欧米化など食事や生活習慣が原因とされますが、男性ホルモンの異常分泌が関係するといわれています。

フケが多く発生して毛穴がふたをされた状態になると、毛包内の皮脂が表面に出られず、その結果、毛包内を逆流し毛乳頭が脂まみれになります。

この脂によって血液中の栄養素が毛母細胞に届かず髪の毛が抜けるというメカニズムです。

また、シャンプーやリンスに含まれる添加物であるセタノールやシリコンなどが毛穴の出口に残留または蓄積して毛穴をふさぐと、同じような脱毛症を引き起こすことがあります。

脂漏性脱毛症の対策としては、頭皮の毛穴がふさがれないように、頭皮を清潔にしておくことが大切です。

ただし、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に頭皮の皮脂を除去してしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

シャンプーでの洗髪は短時間にとどめ、すすぎをしっかりと行い、シャワーの水流で汚れを落とす感じにするのがよいと思います。

あわせて、皮脂の分泌を招きやすい脂肪分や糖分の多い食事をなるべく減らすという工夫も効果があると思われます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする